1. TOP
  2. 高松桜井校ブログ

模試の後は・・・?

投稿日:2016年01月04日

明けましておめでとうございます。
東進衛星予備校 高松桜井校です。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

受験生の皆さんは、センター試験まであと2週間を切りました。
体調に気をつけながら、1分1秒を惜しんで勉強して下さい!

 

さて試験といえば、
皆さんは学校で色々な模試を受けていると思います。
今日は「東進模試」の紹介をしたいと思います。
東進生は、年間のカリキュラムの中に、
最初から模試も組み込まれています。

↓↓↓こんなの↓↓↓

gazou0020
※写真は、昨年外部会場で実施した東進模試の様子です。

 

さて、この画面を見ている人に2つ質問です。

①模試を受けた後どうしてましたか?
成績表が返ってきた時に、どうしてましたか?

①の答え「お疲れの意味で皆でカラオケ♪」
②の答え「〇〇(友だちの名前)に〇点勝ったイェーイ♪」

 

答えにもちろん個人差はあると思いますが、
当てはまった人は要注意ですよ!?
模試は、受験したあと遊ぶものではありませんし、
ただ友人と勝った負けたを競うものでもありません。

「テストって点数や偏差値とか、クラス順位が出るだけじゃないの?」

もちろんそれは出ます。
でも、その瞬間だけ自分の位置を確認して終わっても、
あまり意味はありません。東進模試はその点、他の模試とは違います。

例えば、東進生は模試を受け終ったあと、必ず自己採点をします。
センター試験本番では、成績表が返ってくるわけではありません。
普段から「自分が何点取れたのか」をフィーリングではなく、
模試を受けた後すぐに割り出す訓練をするのです。

模試の翌日からは、「合格指導解説授業」が受講できます。(※)
解答冊子+α、難易度や得点となるポイント等を
講師が細かく解説してくれます。
※翌日の解説は、マーク型の模試に限ります。また、
解説授業を実施しない模試・科目もあります。

成績表が返ってくるのも早いですよ。最短なんと7日!
成績表が返ってきたら、東進の先生(または担任助手)と面談し、
自己採点と比較して自分の弱点を割り出します。
合格した1年前の先輩の成績とも比較できます。

東進模試=学力を伸ばす模試、です。
「この間も模試受けられてないな~」って人、
具体的に誰とは言いませんが大丈夫ですか?
注)本当に心配です!

 

「〇〇校外模試」

この文字をカレンダーで見て、
「また模試かー。範囲広いし難しいし・・・」
「まだ完璧じゃないので模試は受けません!」
と言っている人は、是非東進模試を受けてみて下さい!

現在、高松桜井校では、
「センター試験同日体験受験」を受付中です!
3年の先輩達と同じ本番の問題を無料で受けられる
またとないイベントです!
受けた人は、間違いなく受験勉強に目覚める事ができます。(^^)v

 

そしてカレンダーで次回の模試の案内を見て、
こう言っている事でしょう。

「よし、勉強した成果を発揮できるチャンスだ!」

gazou0006

(担任助手:宇埜君)

高松桜井校

〒761-8076
高松市多肥上町1190-7

受付時間
15:00~22:30